最近のトラックバック

starry☆sky

  • 【Starry☆Sky 応援中!】

あやかしごはん

twitter

Amazon

DVD

  • 月青の最近観たビデオ

ツイッター

最近読んだ本

  • 月青の最近読んだ本

もうひとつの記憶

無料ブログはココログ

« 『恋愛今昔物語』 (佐々木丸美) | トップページ | 読書の秋 »

『夢館』 再読

『崖の館』『水に描かれた館』と続いた“館3部作”の最終作でありながら、この作品には“孤児3部作”と呼ばれる一連の作品に登場するある重要人物たちの因縁が描かれています。

なのでこの『夢館』を読む前にはぜひ“孤児3部作”を読まれることをお勧めしたいのですが、創元推理文庫から“館3部作”だけが単独で出されたことを考えるとなかなか難しいかな…

私が夢中になって読んでいた頃(約20年前)佐々木作品の中で実はこれが一番好きな作品でした。そういえば私が占いに興味を持つようになったのもこの『夢館』(‥と島田荘司氏の初期作品のいくつか)がきっかけだったなぁ、と読みながら思い出したりして。

当時はまだ佐々木作品のハードカバー版が普通に本屋さんで売っていたのですが、私は「文庫になってから買おう!」と決めていたためハードカバーではこれと『風花の里』『舞姫』しか購入しませんでした。今手元に残っているのは『夢館』だけです。私の中での佐々木丸美の旬が過ぎ、本屋で目に留めることもなくなって十数年がたち、佐々木作品がすべて絶版となりネットオークションで高額取引されてると知った数年前、私が手放した2冊もどこかで取引されてるのだろうか?と悔やんだこともありました(^^;;;

今読み返してみると、他の佐々木作品との人間関係が入り組み過ぎていて、あの作品のあの人とこの作品のこの人が実は○○○だった…と種明かしされることも当時は面白がっていたものですが、なにもここまでドロドロにしなくても~(^0^;)と辟易してしまうところもありますね。描かれていることを素直に読んでしまうと「じゃあ△△と**さんは親戚??」と納得できない関係になってしまったりするので、そこは自分なりに想像を膨らませてなんとか落ち着かせることにしてます。

『水に描かれた館』から登場した吹原・巴田・堂本という三人の男性が作者は余程気にいっていたのか、この後の作品にも頻繁に登場するようになります。でも吹原さん、あまりにもいろんな女性に愛されすぎてちょっと引いてしまいました(+_+)

吹原さんファンの方は『夢館』以降の作品を読むにはかなりの覚悟がいると思います(^_^;)

« 『恋愛今昔物語』 (佐々木丸美) | トップページ | 読書の秋 »

佐々木丸美」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『恋愛今昔物語』 (佐々木丸美) | トップページ | 読書の秋 »

最近の写真