最近のトラックバック

starry☆sky

  • 【Starry☆Sky 応援中!】

あやかしごはん

twitter

Amazon

DVD

  • 月青の最近観たビデオ

ツイッター

最近読んだ本

  • 月青の最近読んだ本

もうひとつの記憶

無料ブログはココログ

« 待ってました!! | トップページ | 雪が… »

オーディエンスの憂鬱

東京宝塚劇場で月組公演『MAHOROBA/マジシャンの憂鬱』(VISA貸切)を観劇

謝先生演出で日本の神話を題材にしてるというので楽しみにしていた『MAHOROBA』なんですが、ちょっと期待し過ぎてたかなぁ…というのが見終わってからの感想でした。

宝塚を観てて「先住民族」とか「侵略」なんていう言葉が浮かんできて珍しく素直に楽しめない自分がいました。日本の伝統芸能・民族舞踊や四季の美しを表現したいなら別にヤマトタケルを狂言回しにしないでも…もし噂通りこれが海外公演の試作品だとしたら、人物・時代設定を変更して欲しいなぁと思うのですが。神経質すぎ?(^^;)

そして『マジシャンの憂鬱』‥突っ込みどころ満載の作品でした(>_<)いえ、楽しかったことは楽しかったんです。でもねぇ~

あて書きが上手だと思ってましたわ、正塚先生。でもこのヒロインはかなみちゃん(彩乃かなみ)を頭に置いて書いてないでしょ?私だったらこれは陽月華ちゃんのような勝気さが前面に出てる娘役にあてます。かなみちゃんは好きだし演技も悪くなかったけど、でも体形が女らしすぎる。プリンセスの侍女兼ボディーガードなんてとても務まる体には見えない(爆)

それでも正塚先生がいつも描くあっさり味のロマンスはわりと好きです。今回の作品もね。ドキドキ感や切ない気持をヒロインとともに味わえたので満足です。もう少しマジシャン(瀬奈じゅん)側の気持ちもはっきり出して欲しかったけど。まぁ正塚先生にそれを期待しちゃいけないのかもしれませんが(^^;;;

« 待ってました!! | トップページ | 雪が… »

タカラヅカ」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 待ってました!! | トップページ | 雪が… »

最近の写真