最近のトラックバック

starry☆sky

  • 【Starry☆Sky 応援中!】

あやかしごはん

twitter

Amazon

DVD

  • 月青の最近観たビデオ

ツイッター

最近読んだ本

  • 月青の最近読んだ本

もうひとつの記憶

無料ブログはココログ

彼女が踊るとき

帝国劇場にて『エリザベート』を観劇

帝劇の新しいエリザベート、Wキャストのどちらも観たかったのですが、カナメさん(涼風真世)の方はある程度想像できる(^-^;ので、今回はコムちゃん(朝海ひかる)シシィの日時を選んで上京しましたbullettrain

トートは私にとってはお初の武田真治。もともと好きな俳優さんということもあり、こちらは観劇前から期待大shine逆にコムちゃんに関しては不安の方が大きかったのですが…

う~ん、確かに歌は大変そうでしたbearing でも演技の方は悪くはなかったです。っていうか、個人的には一路シシィより好きですcoldsweats01

一路さんのエリザベートは3回ほど観てるのですが、宝塚版のようにシシィに同情できないのは何故だろう?っていつも思っていたんですよね。演出が違うからかも…と納得してたつもりなんですが、今回の朝海エリザを観て、あれは演出のせいじゃなかったんだflairってことに気付いてしまいました。

‥私って一路さん苦手だったのねbearing

美貌でも歌の巧さでも完璧なエリザベートだったんですけどね~。でも私にはただのわがままなお嬢さんにしか見えなくて、その苦悩も自業自得のような気がして…

なのに、コムちゃんのエリザベートには普通に同情してましたsweat01無邪気に冒険を夢見ていた女の子が、思いがけない幸運(もしかしたら不運?)によって想像もしなかった運命の渦の中でもがく様子や、開き直って自分の人生を生きようとする姿に切なさを覚えたのは、私が漠然と抱いてた「朝海ひかる」のイメージと重なってしまったからなのかもしれません。

武田トートも歌はまだ弱いし、全然「帝王」の柄じゃないんだけど、「死」という存在としては最高の配役だったと思います。男優さんが演じるトートでこんな妖しさを見せてもらえるとは思ってなかったので、そういう意味では嬉しい驚きでしたね。

ともに中性的なキャラを持つ朝海×武田コンビだけに、二人だけの場面を見ていると、宝塚版エリザベートに近いものを感じました。私はこのカップルで満足したのですが、万人受けするとは思えないから、この配役が再演でまた観られるかどうかはわかりませんよね…happy02

ひとかけらの希望

東京宝塚劇場にて星組公演『スカーレット・ピンパーネル(9/7 阪急交通社貸切)を観劇。

最近では、どうしても観たい公演のチケットは阪急交通社の貸切に申し込むようになってます。確かに料金は高い!でも取れる確率も高いsweat01今回のように仙台から行くなら、なにも宿泊しなくてもいいのに…と思っても、SS席の醍醐味を一度知ってしまうとね~(申し込んだ時は引っ越しが決まってなかった)どうせ一度しか行けないのなら、近くで観ておきたい。視力が悪く、でもオペラグラスは使いたくない派なもので…

それにホテルに一人で泊まること(=家から一日でも離れられること)って、私にとってはかなりのストレス解消にもなってます。それもこれも理解ある家族のおかげなんですがm(_ _)m

で、肝心の公演の感想は……

原作(「紅はこべ」)大好きheart02なので、どうしても原作と較べてしまうのは仕方ないと思います。それでも、そんな私でもこのミュージカルはかなり好印象を持ちました。

『エリザベート』『ファントム』よりも宝塚らしい作品で、もしかしたら宝塚の新しい代表作と言われるようになるのはこの作品かもしれない、とflair もう『ベルばら』は永遠に封印して、これを繰り返し再演して欲しいくらいですね。

細かいことを言えば、原作にある、パーシーマルグリットが互いを愛しながらも想いがすれ違う、とても切なくて印象的な場面が描かれていない(そのためショーブランの報われない想いの方に共感を覚えてしまいそうになる)とか、マルグリットスカーレット・ピンパーネルの正体を知る過程が安易すぎる(゚ー゚;とか、引っかかるところもりますが。

それでも幕開けからグイグイと物語に引き込まれ、あっという間に大団円crown――本編が良かっただけにワンパターンなフィナーレが余計だった(`ε´)小池先生、フィナーレ作りホント下手なんだから――

ここまで来るのに掛かった費用も全然無駄には思えないcoldsweats01ほど十分堪能させてもらいましたshine

一幕が終わった時点でライブCDを買いに走った自分‥その行動だけで、この作品に対する思いの強さがわかるかもしれないですねheart04

腐っても、ヒーロー?

東京宝塚劇場にて星組公演『エル・アルコン―鷹―/レビュー・オルキス―蘭の星―』(2/9 VISA貸切 & 2/10 阪急交通社貸切)を観劇。

『エル・アルコン―鷹―』はコスチューム・プレイとしては合格点。でも宝塚歌劇として見れば、私なら赤点つけちゃいますねgawk

原作を読んだことがないので比較しようがないんですが…これはかなり昔の少女マンガですよね。例えば『ベルばら』は連載後すぐに上演されたから話題になり、また成功したと思うんですよ。でも何故今、これを星組でやらなくちゃいけなかったのかが私には理解できないです。

とうこちゃん(安蘭けい)がティリアン・パーシモンを演じるに相応しい人だから…?確かに似合ってましたよ。ビジュアルも演技力も申し分ない。冷酷・傲慢な敵役でもね、仮にも宝塚歌劇のトップスターが演じる役ですから、残虐非道になるにもこちらが納得できる理由が欲しいんです。例えば根深い復讐心からでもいい(自分を蔑んだイギリス人への恨みを強調するとか)それがただ自分の野心(それもあまり大きな野望とも思えない)のためだけに罪もない娘を弄んだ挙句に殺したり、父親を破滅させたり、受け付けられないことばかりで。原作がこの通りの展開なら、私が読んでなくて正解かもしれない。絶対好きになれないでしょうからsweat01

せめてペネロープ(琴まりえ)の役を省いてくれればまだ良かったんだけど…あの役が見ていて一番辛かったです。彼女が存在するせいでヒロイン(遠野あすか)との純愛路線も貫けないbearing

原作を歪めたくないのなら最初っからオリジナルのストーリーを書けばいいんですよ。お手軽に少女マンガから題材を借りたりするからこんな不満も出てくるのです。

ティリアンの自分の悪事を正当化するような言い訳めいたセリフにもムッとしたけど、ラストはトップコンビに白い服着せて、宝塚らしい最後をshineって取り繕ってみせても、かえってシラケルだけだったなぁ。

これだけ美しい人が揃っていて、どこを見ても目がハート状態lovelyなのに、脚本がいまいちだったことには怒りさえ覚えてしまう。齋藤先生には今まで通りショー作品専門でお願いしたいです。

『レビュー・オルキス―蘭の星―』については…

なんでおじいちゃんとおばあちゃんがカネゴンに乗って降りてくるの?とか、大好きな星組を観てるのに、私はなぜ時々意識を失ったのだろう??(1日目のみですが…)と「?」だらけのレビューでした。

…この星組メンバーでオギーのレビューが見たかったわweep

オーディエンスの憂鬱

東京宝塚劇場で月組公演『MAHOROBA/マジシャンの憂鬱』(VISA貸切)を観劇

謝先生演出で日本の神話を題材にしてるというので楽しみにしていた『MAHOROBA』なんですが、ちょっと期待し過ぎてたかなぁ…というのが見終わってからの感想でした。

宝塚を観てて「先住民族」とか「侵略」なんていう言葉が浮かんできて珍しく素直に楽しめない自分がいました。日本の伝統芸能・民族舞踊や四季の美しを表現したいなら別にヤマトタケルを狂言回しにしないでも…もし噂通りこれが海外公演の試作品だとしたら、人物・時代設定を変更して欲しいなぁと思うのですが。神経質すぎ?(^^;)

そして『マジシャンの憂鬱』‥突っ込みどころ満載の作品でした(>_<)いえ、楽しかったことは楽しかったんです。でもねぇ~

あて書きが上手だと思ってましたわ、正塚先生。でもこのヒロインはかなみちゃん(彩乃かなみ)を頭に置いて書いてないでしょ?私だったらこれは陽月華ちゃんのような勝気さが前面に出てる娘役にあてます。かなみちゃんは好きだし演技も悪くなかったけど、でも体形が女らしすぎる。プリンセスの侍女兼ボディーガードなんてとても務まる体には見えない(爆)

それでも正塚先生がいつも描くあっさり味のロマンスはわりと好きです。今回の作品もね。ドキドキ感や切ない気持をヒロインとともに味わえたので満足です。もう少しマジシャン(瀬奈じゅん)側の気持ちもはっきり出して欲しかったけど。まぁ正塚先生にそれを期待しちゃいけないのかもしれませんが(^^;;;

えりざべーと!?

火のない処にも煙が立つ世界だと思ってたけど、この噂は本当だった…

コムちゃん、ほんとにシシィやるんだね。歌どうするの?もう一人は歌手のかなめさんだよ?(ちなみに二人とも同郷だ)

でも激しく観たがってる自分がいます(^^;) 昔見たコムちゃんのスカーレット、わりと良かったから。こういう孤高の役は嵌るような気がする。

…どうせなら他のキャストも一新して欲しかったけど。トートとか、フランツとか(^^;;;

ハッピーエンドの快感

東京宝塚劇場にて星組公演『さくら/シークレット・ハンター』(VISA貸切)を観劇

お披露目公演でトップコンビが普通に結ばれるストーリーってとっても久しぶりに見た気がするんですが(^^;) あ、もちろん『シークレット・ハンター』の話です。

2001年から観劇復活した私が見たお披露目作品では、紫吹淳(大海賊)、香寿たつき(プラハの春)、朝海ひかる(春麗の淡き光に)、湖月わたる(王家に捧ぐ歌)…とお披露目なのに悲劇?でも巡りあわせだから仕方ないのかな…とトップ昇格を喜びつつも複雑な思いにさせられる作品が多かったんです。

でも今回は紆余曲折の果てに結ばれたトップコンビの門出を祝うのに相応しい、見ている方も幸せな気持ちに浸れるストーリー展開でした。

オチは大体予想がつきましたけど、それでもそのお約束通りの結末がこれほど嬉しいことはないんですね。

実力派同士のコンビ、安蘭けい遠野あすか。観劇する前から、いえ、実はトップコンビとして発表になる前から相性が良さそうな二人だとひそかに思っていましたが、実際に組んでみたらほんとにこれほどまで見せて聴かせてくれるカップルになるとは!まさにこれこそ私が夢見ていたゴールデンコンビ(*^^*)芝居もだけど声の相性もばっちりですね。二人のデュエットはいつまでも聞いていたくなるほど。いつかこのコンビで本格的なミュージカルを見たいものです。あ、でもオギーのショーも見たいし…待たされた分、できるだけたくさんの作品を見たいんだけどなぁ。どれだけの時間が残されているのか…

本音を言えば、もっと早くにこの二人を会わせてくれれば良かったのに…と思うのだけれど、でも出会えなかった可能性もあったかもしれない、ということを考えれば、たとえ限られた時間でも二人を結びつけた運命(歌劇団か?)に感謝しなくちゃいけないんですよね。

『堕天使の涙』

東京宝塚劇場にて雪組公演『堕天使の涙/タランテラ!』(VISA貸切)を観劇。

…なんとなく虚脱感ですね~

この数年間は“コムちゃんを見守る”ということが宝塚を見続ける私の言い訳でしたから…

お披露目公演で2階席があちこち空いてた状況を知ってる者(^^;)としては、千秋楽前日に日比谷シャンテ前で「さばき待ち」の人の群れを見て、ここまでのトップさんになったか(T_T)と感慨深かったです。

『堕天使の涙』ルシファー、私はオスカルよりもこちらの方がコムちゃんには合っていたと思います。私が勝手に抱いていたイメージかもしれないんですけど。だからオスカルを見てた時はなんかこそばゆ~い感じ(^0^;)がしてた私でも、ルシファーには全然違和感が無かった。

お芝居自体はいろいろな評判を読んでいて、それほど期待もしていなかったんですが、私はかなり泣きました(^^ゞ

同じ演出家の『落陽のパレルモ』とは違って、それぞれの登場人物に感情移入できたということが大きいと思います。ってことはやっぱり私自身の親子関係に問題あり?あのひどい母親の気持ちさえわかってしまうって…(^^;;;

観劇中はストーリー展開に「?」が飛び交うこともなかったし。あとから思い返してみればいろいろアラも出てくるかもしれないんですが、見ている時に納得させてもらえれば私は満足です。

そしてリリス@まーちゃんは「やわらかな光」そのもの。こんな役、私も演りたかったなぁ…高校時代にね(爆)

『ME AND MY GIRL』(帝国劇場)

おそらく私の東京生活最後の観劇。

締めくくりがこのハッピーなミュージカルで良かったなぁとしみじみ思います。キャストもみんな歌える人ばかりだったし…3年前に同じ演目を見た時には、最高の座席だったにもかかわらずキャストの中に歌えない人が混じっていて(^^;)がっかりしたものでした。

前回の『ミーマイ』で指揮者の塩田明弘さんのひそかなファンになっていた(^^ゞので、今回も塩田さんのパフォーマンスが見られたのも嬉しいし(*^^*)

東宝ミュージカルのプリンス・井上君は『エリザベート』のルドルフ(デビュー作)が似合う、どちらかと言えば繊細な王子様系。その彼に下町育ちでガラの悪いビルをホントにさせるのか?と見るまでは不安がいっぱいだったのですが(^^;;; なんとかこなしていましたね。前回の唐沢さんが結構はまり役だったこともあって、一度見ただけだったのに印象が強く残っていたのですが、やっぱり歌える強みが井上君に自信をつけさせているのでしょうか。場面が進むごとに違和感は消えていきました。

サリー役の笹本玲奈ちゃんとのバランスも良かった。井上君に対し強すぎず、弱すぎず。

ジャッキーからマリアに昇格(?)した涼風さんは、最初は作りすぎかな?と思ったけど、そこはもうかなめちゃんだから許す(^^;) 同郷人には甘いんです…

ジャッキーの純名りささん。宝塚時代ならこの配役は考えられなかったですよね。歌は以前よりもちょっと…な気もしましたが、こういう役も演じられるようになったんだ、と初舞台(『ベルばら・フェルゼン編』のエトワール)から知ってることもあって感慨深かったです。

今回もコーラス(特に「イングリッシュ・ジェントルマン」)は聞き応えありました!主要キャストからアンサンブルまで、こんなに歌の上手い人たちを揃えられるんだったら、いつもそうしてくださいよ~!東宝さん(^0^;) 

白ばらの記憶

なんかベルばらウィークになってしまってます(^^ゞ

星組東京バージョンとは違って、雪組バージョンはこれほどのキャストに恵まれながらも脚本が悲惨なのはなんとも惜しいことです。でもそれについて今さら愚痴っても仕方がないので忘れることにして‥‥

昔の脚本で 「まるでギリシャ神話のニンフのよう‥」 というセリフでオスカルを讃えていたのは、かのモンゼット夫人だったかな?フィナーレで銀橋に立つコムちゃんを見たとき、ニンフ(妖精)でもなく軍神マルスでもなく、ゼウスに愛された少年‥というイメージを抱きました。妖精ほど儚くはないがまだ神にはなれない、だからといって人間らしくも無い。その風情は確かに神話の中の登場人物を思わせるのだけど。

私の好きな紫苑オスカル稔オスカルも美しかったけど、もっと「人間」を感じさせるオスカルでした。貴族としての気品を湛え、かつ凛々しく熱い魂を持ち、包容力のあるオスカル‥そんなところが原作ファンでもある自分には魅力的に映りました。

気品や凛々しさはあるけれどコムちゃんに包容力を要求するのは無理でしょう(^^;) きっとファンもそれを求めてはいないと思うし。かつて涼風オスカルがその美しさを絶賛されながらも一部では「アニメチック」と表現されてたのを思い出しますが(かくいう私も初見で魅了された一人。が、すぐに熱は冷めました…) 朝海オスカルは絵画的とでもいうのかな。この瞬間を額に入れて飾っておきたい!と思ってしまいましたもん(^^;;; 原作に近いかといえば、私にはそうとは思えない。でも嫌いじゃないです、コムオスカルも。

そうだなぁ、動いてセリフを喋るコムちゃんより、ストップモーションのコムちゃんに惚れたのかもしれない……ま、こういうファンもいるってことで。

たかがベルばら、されどベルばら

宝塚雪組『ベルサイユのばら ~オスカル編~』を1階7列センターで観劇

あまりにもひどい評価ばかりをネットで目にしていたので、雪組版は見なくてもいいかな~と思っていたのですが、知人からチケット1枚余ってるからどう?と言われたら、ベルばらフリークを自認してる私としては、やっぱり自分の目で確かめておきたいから「行きたい!」と言うしかなかったです(^^;;;

で、結局見終わってみれば、脚本・演出の拙さも吹っ飛んでしまうほどの役者のはまり具合+熱演に、夢心地の気分で劇場を後にすることとなりました。

はっきり言って、今回付け足された場面や歌などは全然心に残っちゃいません。ただ初演からある場面(今宵一夜~バスティーユ~天国)は、ある意味「刷り込み」の作用もあるかもしれないけど、何度観ても胸が熱くなるし、これがあるからやっぱりベルばらって面白い!…って再演されるたびに劇場に足を運んだり、繰り返しビデオを見たりしてしまうのかもしれません。

各スターに関して言えば、コムちゃん(朝海ひかる)は何を演じてもコムちゃんだなぁ(^^;)とは思ったものの、オスカルの扮装は確かに美しいし似合っていました。

かしちゃん(貴城けい)もアンドレ役にしては美形すぎるけど(下手するとオスカルよりも美しく見えるし^^;)、もともとスターとしては太陽のような明るさというよりも月の輝きを持つ人だと思っていたので、オスカルの影であるアンドレという役が意外に嵌まっていることに驚き、嬉しくもありました。

水夏希アランに至っては『ベルばら』で水さんにこれ以上のはまり役はないだろう、ってくらい似合ってて言うことなしだし。

今回の脚本で一番貧乏くじ引いたのは、可哀相にトップ娘役なのにどうしようもない役に貶められたまーちゃん(舞風りら)ロザリー。植田氏が初演花組の脚本を思い出してくれさえすれば、可憐で健気なロザリーを演じられたのに…それだけがどうしようもなく惜しいし悔しいですね。良心的な解釈をすれば、ロザリーの告白がオスカルがアンドレに告白する勇気を与えた‥とも取れるわけで。いや、やっぱりそれは苦しすぎるか(+_+)

雪組の組長・副組長は星組とは対照的にそれぞれ任に合った役を充てられて、十分にそのお役目を果たしてくれてました。星組にもそういう配役をしてくれれば良かったのに…

その反面、オルタンスとルイーズ?は役者を取り替えて欲しいと切実に思いましたです。このバージョンでのオルタンスは路線娘役にやらせないと~(^0^;) 

今回の「オスカル編」はベースに15年前の月組編があるから娘役にも結構おいしい役があるんだけど、それを今の雪組の娘役事情に合わせて書き換えなくちゃならないのにそれを怠ったために頭の中に「?」がいっぱいになるんですよね。そもそもロザリーの生い立ちをすっかり忘れて「小間使い」と登場人物にはっきり言わせてしまうあたり、さすがの巨匠もお年には勝てないんでしょうか‥‥

そんなことを考えながらも、やっぱりこの時期に雪組で『ベルばら』をやってくれたことには感謝しなくちゃいけません。欲を言えば、あと1年早く上演してくれてたらとも思いますけど。

最近の写真

  • Nec_1292
  • Nec_1291
  • Nec_1285